取り組みのご紹介

無料経費診断の紹介はこちらから

高齢者向け惣菜シリーズの紹介はこちらから

クックチル・院外調理の導入検討はこちらから

商品開発の紹介はこちらから

新たな取り組みの紹介はこちらから

お客様事例紹介

改築対応の事例はこちらから

緊急時対応の事例はこちらから

施設運営の効率化の事例はこちらから

会社案内(英語版)



マルタマフーズグループのリンクはこちらから

マルタマフーズセントラルキッチンのファイスブックはこちらから

施設運営の効率化の事例

■ プロジェクト概要

兵庫県の某学生マンション様は、入居者全員が女子学生であるという特徴から、レストランも女性ばかりのスタッフで運営する必要がありました。

レストランでは毎日、朝食と夕食を提供していますが、女性だけのスタッフで600食近くの食事を、原材料から仕入れて、一から仕込みをして準備をすることには限界がありました。

そこでセントラルキッチンのクックチル商品を利用することで、検収や下処理の負担や時間が軽減され、レストランの運営が実現できたのです。

現在は献立のレパートリーの見直しなど、新しいサービスの実施にむけて取り組んでいます。

■ 特徴

部屋数 19回建て770戸
レストラン
の特徴
朝食はバイキング形式
(事前予約にてテイクアウトも可)
夕食は主菜・副菜(2種)
米飯・汁物・サラダはバイキング形式(事前予約にてテイクアウトも可)

■ プロジェクトの経緯推移

平成15年8月 ブラストチラー、真空包装機を導入し、現在提供しているメニューについてクックチル、真空調理での試作を行う。
平成15年9月 試食にて味の評価を行い、レシピ化を進める。
平成15年10月 カフェレストランでの提供開始。
平成15年11月 メニューの約8割を新調理システムでの提供が可能になり現在に至る。

■ 提供方法

  • 料理はセントラルキッチンからホテルパンのまま納品。
  • 1つの冷蔵庫は設定温度を1℃まで下げてチルド庫仕様にする。
    (この冷蔵庫はセントラルキッチンから納品された商品専用)
  • 朝納品された料理は夕食の準備時に再加熱を行い、お皿に盛りつける。